ITEM CATEGORY

2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
※ピンク色は定休日です


2018年 03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
※ピンク色は定休日です




 
  • HOME
  • 取付工事について

標準取付費で工事可能な例

配管:長さ4mまで、化粧テープ巻き仕上げ
配管穴:すでに十分な大きさの貫通穴があいている、または容易に穴あけ可能(※注1)、すき間パテ埋め
室外機:室内機と同じ階の地面置き、またはバルコニー床置き(プラブロック2個付)
電源:室内機の近くにエアコン専用コンセントあり(※注2※注3

※注1 木造で外壁がモルタルまたはサイディングの場合。貫通スリーブは別途費用がかかります。
※注2 コンセント形状の変更や電圧切替等には別途費用がかかります。
※注3 室外電源タイプは、室外機の近くに単相200Vエアコン専用電源が必要です。
既設エアコンがある場合、取り外し処分費は別途必要です(家庭用壁掛形14,700円〜/台)

追加工事費(室外機設置に関するもの)
室外機の設置方法が「床置き・地面置き」以外の場合は追加料金がかかります。
※一部商品ではお取付ができない場合がございます。詳しくはお問い合わせください
屋根置き
屋根置き
※1階屋根の高さまで。
室外機が2階窓から屋根に搬出可能な場合。
新しい屋根置き金具を使用 15,500円〜/ヶ所
既存の屋根置き金具を使用 8,640円〜/ヶ所
壁面置き
壁面置き
※地上高3mまで。外壁へのビス打ちが可能な場合(コンクリート面へのアンカー打ちは別途)。
新しい壁面金具を使用 15,500円〜/ヶ所
既存の壁面金具を使用 8,640円〜/ヶ所
天井吊り
天井吊り
※天井面に金具取付用ボルト4本が必要(建築時に埋め込まれたもの)。ボルト無しは取付不可。
新しい天井吊り金具を使用 15,500円〜/ヶ所
既存の天井吊り金具を使用 8,640円〜/ヶ所
二段置き
二段置き
※既存の地面置き又は床置きの室外機と二段に重ねる場合、既存の取外し・再取付費がかかる場合があります。
新しい二段置き台を使用 28,000円〜/ヶ所
既存二段置き台の上段入れ替え 8,640円〜/ヶ所
既存二段置き台の下段入れ替え 31,000円〜/ヶ所
追加工事費(室内機取付・配管穴に関するもの)
たて桟
たて桟
おもに和室で、壁にビスが効かない場合に使用します。
2,160円/ヶ所
窓パネル
窓パネル
配管を窓から出す場合に使用します。
※引き違い窓(腰高〜掃き出し)のみ取付可。
12,800/ヶ所
木造壁穴あけ(外壁モルタル) 無料/サイディングは6,480円〜/ヶ所
鉄筋コンクリート壁穴あけ(直径75ミリ・壁厚200ミリまで) 32,400円〜/ヶ所(要見積)
ALC壁穴あけ 21,600円〜/ヶ所(要見積)
高所作業費(地上3階以上で、バルコニーが無い場所での外部作業)
※状況によっては作業をお断りする場合がございます。
15,000円〜/ヶ所(要見積)
エアカットバルブ(高気密・高層階・風当たりの強い場所へ設置の際にドレンから空気が逆流して発生するポコポコ音を防ぐ部品です) 2,160円/ヶ所
追加工事費(電源に関するもの)
イメージ/td>
電圧切替:
コンセントとエアコンの電圧が異なる場合に切り替えます。
「エアコン専用コンセント」になっていることが条件です。
2,700円/ヶ所
コンセント形状交換:
エアコン電源プラグとコンセント差込口形状が異なる場合に交換します。
電圧切替を行なった場合はコンセント形状交換も必須となります。
2,160円/ヶ所
エアコン専用回路増設:
エアコン専用コンセントがない場合。分電盤からの配線長さ10mまで。全て露出配線(モールカバー別途540円/m)。
15,500円〜/ヶ所
電源延長:
室内機付属の電源コードがコンセントまで届かない場合、室内機近くに露出コンセントを新設します(5m以内・全て露出配線・モールカバー別)。
6,480円〜/ヶ所
配線モールカバー:
電源コードにかぶせるプラスチックカバーです。
864円〜/m

隠ぺい配管の例

エアコンを検討される際、注意書きによく出てくる“隠ぺい配管”(埋設配管、先行配管)についてご説明します。
“隠ぺい配管”のメリット:○配管の露出が少なく、見た目が良くなります。
“隠ぺい配管”のデメリット:×取付不可の機種があります。×工事費が割高になります。

マンションなどでは、室外機の配置上やむを得ず“隠ぺい配管”とする場合もあります。
基本的に“隠ぺい配管”は建築中に配管を埋め込んでいますが、天井裏や壁の中に配管を通せるスペースだけつくっておき、エアコン設置時に配管を通す“さや管方式”もあります。

【隠ぺい配管になっている場合の追加工事料金(例)】
・隠ぺい配管接続料 1ヶ所 6,480円〜
・配管洗浄 1式 38,000円〜(使用済み配管再利用時、既設エアコンが故障している場合)
・新規配管さや管通し 1式 16,800円〜(長さ、状況により異なります)

【隠ぺい配管になっている場合の注意点】
下記エアコンは取付不可です(加湿ホース、排気ホース接続が必須となるため)

・ダイキン 「うるさら7」「うるるとさらら」など、うるる加湿搭載モデル
・パナソニック フィルターお掃除ロボット(自動排出方式)搭載モデル(※注)

※注 フィルターお掃除ロボット(ダストボックス方式)搭載モデルは取付可能です

一般的な配管の例(隠ぺい配管ではない)

以下のような(隠ぺい配管ではない)一般的な配管でしたら、ダイキンうるる加湿やパナソニックお掃除ロボット搭載エアコンも取付できます。ただし「貫通穴の内径65ミリ以上」など、機種ごとの条件をクリアする必要がございます。