ITEM CATEGORY

2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
※ピンク色は定休日です


2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     



 

商品詳細

ダイキン うるさら7 AN71WRP-W

商品名 ルームエアコン「Rシリーズ」
W(ホワイト)
在庫状況 在庫有り
備考 単相200V用
※当店は卸問屋のため、電話・FAXでもご注文を承っております。
  ご注文頂いた順番にご案内をさせて頂いておりますので
  在庫の変動によりご注文をお受け出来ない場合もございますので
  あらかじめご了承をお願い申し上げます。
個数:

販売価格 :

カートに入れる

オススメポイント

【重要】
※加湿機能搭載の当商品は別途加湿ホースが必要となるため、
設置の際に以下の制限があります。


1.埋設の既設配管、先行配管※には対応できません。
※一般的に「隠ぺい配管」と呼ばれています。
2.配管貫通穴は内径65ミリ以上※必要です。
※63、71クラスは70m以上
3.室内機をカーテンレールなどの上に取付の際は、運転時の可動範囲を確保できるかご確認下さい。
4.室外機の高さが693ミリと大きくなっております。高さ制限のある設置(出窓下、天井吊りなど)は寸法をご確認下さい

※ご注意ください
配管が太いため、室内側のスリムダクトが
取付けられない場合があります。
お届けした後・工事当日に上記の事が原因で取付不可能な場合
工事キャンセル料金や返品の際の往復の送料は
お客様ご負担となります。
ご購入の際は、確認の上ご注文をお願いいたします。


AI運転でしつども温度もコントロール 無給水で加湿できる新しい「うるさら7」

■ 湿度までコントロールできる「AI快適自動」運転で、より快適な室内環境を実現
・ 室内の温度や湿度、壁からの輻射熱、リモコンの操作履歴をAIが解析し、好みの温熱環境を学習。
・「無給水加湿」「サーキュレーション気流」「垂直気流」や、室温に応じて除湿方式を自動選定する新搭載の「新・ハイブリッド除湿」を組み合わせ、AIが学習した温熱環境を実現。

■ 商品コンセプトを実現する機構を取り入れ、機能的なデザイン美を追求
・フラップ周囲にラウンドパーツを設け、フラップが開いた状態でも美しい佇まいを維持。
・シンプルで機能的であることを追及し、センサーや表示部をラウンドパーツの内側に配置。
・無線LAN接続アダプターを標準で搭載し、室内機のデザイン性を妨げる機器の設置が不要。

■ 様々な地域や環境、設置場所を想定した300以上の試験に耐える構造設計を採用
・室外機への水の浸入による基板ショートの防止、強風を受けても回り続けるファンやモーター、過酷な暑さや寒さでも冷暖房の性能が落ちない冷媒制御などにより、様々な条件下でも安定した運転を実現。
・室内機の据え付け時、室内機の上下から壁に強固に固定するアンダーフィット構造を採用。

■ 「放電・洗浄」システム
セルフウォッシュ熱交換器に、プラズマ放電の一種である「ストリーマ」を照射し、熱交換器を清潔に保ちます。

■ 「しつどみはり」機能
長時間の不在時、室内に存在するカビが繁殖する領域である室内20℃以上かつ湿度70%以上になる場合に湿度60%を目標値にして除湿運転を行います。

■ 「垂直気流」と「無給水加湿」のダブル効果でお肌が乾燥しにくい暖房
暖房において、高温低湿度の温風がからだに直接当たりにくい「垂直気流」で、お肌が乾燥しにくい環境をつくり出すと同時に、外気中の水分を室内に取り込み、給水せずに加湿できる「無給水加湿(うるる加湿)」で部屋を潤す、お肌にダブルの効果をほどこした暖房をします。

■ 「サーキュレーション気流」により、風を感じずに部屋を冷房
冷房において、気流を天井に沿って吹き出し、室内機の下部から吸い込むことで空気をかき混ぜる様に循環し、人に直接風を当てずに快適な冷房空間を作り出します。

■ スマートフォンによる遠隔操作、機器同士の連動を可能にする内蔵型の無線LAN接続アダプターを標準搭載
・猛暑日や寒い日でも外出先から運転操作を可能にするため、スマートフォンアプリでの遠隔操作を可能にする無線LAN接続アダプターを標準搭載しました。
・ダイキンアプリ『Daikin Smart app』により、『うるさら7』とダイキン商品の『アシストサーキュレータ』を連動させ、部屋全体をより素早く快適な環境に実現することが出来ます。
・また、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス『Amazon Alexa』や、Google アシスタント搭載スマートスピーカー『Google Home』にも対応し、設定している部屋のエアコンについて、リモコンを使用せずに音声で操作することが可能となりました。
※「Google Home」については2018年冬より対応予定。なお、Google、Google Home は、Google LCC の商標。
※ インターネット接続環境ならびに別途通信費等が必要です。
※ サービスのご利用にあたっては、専用アプリのダウンロード(AndroidTMスマートフォンはGooglePlayTM、iPhoneは AppStore)が必要です(アプリは無料です)。
※ 対応のスマートフォンの詳細はメーカーホームページをご覧ください。

関連商品